9月13日(日) 昼12時からの東海テレビ 「スタイルプラス」で、
多治見市笠原町の誇る箔押師、ヨコイ屋仏壇の杉浦義晴さんのお仕事が
放送され、清昌寺の天蓋や山号額が紹介されました。

<東海仕事人列伝>岐阜・多治見市・金閣寺の金箔張りを務めた箔押師

2015-09-15 21.09.25

京都・京都市・金閣寺の金箔張りを務めた岐阜・多治見市笠原町・ヨコイ屋仏壇店の箔押師・杉浦義晴(すぎうら よしはる)氏に密着。
金閣寺の金箔は30年前に3人の手によって張り替えられた。
箔押師として60年の杉浦は「天職で長いことやらせてもらい感謝しなければ」とコメント。
寺社の修復を得意とし、全国からの依頼が絶えない。

2015-09-15 21.09.41

多治見市・清昌寺の天蓋、山号額の金箔の張り替えも手がけた。
杉浦氏は「後世に残るのでやりがいがある」と話した。

東海テレビ放送 清昌寺

東海テレビ放送 清昌寺 天蓋
東海テレビ放送 清昌寺 山号額
杉浦氏は仏具などの製造販売、修復も行う。
岩手・中尊寺金色堂の修復にも携わり、箔押師の道を志した。
46歳で金閣寺の金箔の張り替えを手がけるほどの腕前になった。
岐阜・土岐市・妻木八幡神社(700年前に創建)は毎年10月に流鏑馬神事が行われる。
そに登場する神輿の緊迫をおととし杉浦氏が修復。
祭りに使う市姉妹の修復も手がけた。

今年は流鏑馬の馬につける豊臣秀吉の馬印でもある千成瓢箪の修復依頼。
長野・長野市・善光寺、滋賀・大津市・比叡山延暦寺、東京都・西新井大師總持寺、沈金(伝統工芸品)の映像。

白雲山清昌寺・小澤全和住職、妻木八幡神社・黒田正直禰宜のコメント。

東海テレビ放送 清昌寺 住職 小澤全和

(JCC 最新のTV情報)