禅宗 臨済宗妙心寺派 白雲山清昌寺 (岐阜県多治見市笠原町 笠原中興陶祖・モザイクタイル元祖の菩提寺)公式ホームページ

清昌寺の縁起

清昌寺の縁起

清昌寺の創建

笠原陶祖が幸せを願い建てた草庵。時代の流れと共に、いまに至る

清昌寺の創建は、元和二年(1616年)と伝えられています。開基である笠原の陶祖、加藤治郎太夫は、窯業の繁栄と子孫の幸せを願って、虎渓山永保寺より白嶺清公禅師をお招きして小庵を建て「白雲山清昌寺」と称し、念持仏であった十一面観世音菩薩をお祀りして祈願せられました。


TAJIMIOTOWA029

寛永年間、幕府の寺院政策「本末制度」の徹底により、清昌寺二代目、星峰衣南禅師は、天和元年(1681年)に、本寺である妻木の光雲山崇禅寺第六世、北隠宗秀禅師を勧請開山としてお招きし、正式に崇禅寺末となり今日に至ります。


2016-08-01 12.16.17

清昌寺の歴史

お寺の歴史を知ると、その土地の歴史が見えてくる

元禄八年(1695年)には、「土岐郡三十三所巡礼集」の第二十番に選ばれ、
「頼めなを しめしが原の さしも草、 さしもかしこし 笠原の寺」 と記される。


TAJIMIOTOWA035

宝暦四年(1754年)、清昌寺五代、恭堂儀公首座の時、つり鐘の鐘銘を、崇禅寺九世、理山宗菊禅師に依頼。

安政年間(1854~1859年)、それまでに幾度か焼失し、清昌寺十代、琥巌宗珀和尚が方丈・庫裡を再建。

江戸末期、住職の留守をねらい、境内の松や樹木、寺領の山竹林が荒らされたり、田畑の年貢が未納であったり、年忌や仏事、追善供養の届け出も一向に無いなど、ひどく寺が荒れた状態が続きました。
文久二年(1862年)、亡寺になることを危惧した本寺の崇禅寺は、洞組(現在の富士区)の檀家に厳しく言及したという。洞組の檀家一同はひたすら謝り、以後は心得違いのないようにするのでご勘弁下さるようにと、「御詫規定一札之事」という詫び状を入れたという事件もありました。

「清昌寺の歴史ミステリー」     かさはら歴史物語「五輪さま」


TAJIMIOTOWA027

その後、清昌寺は・・・

厳しい時代を乗り越え、戦後の高度成長期と共に、寺門興隆、愛山護法の信仰を得る

明治、大正、昭和の戦時中と厳しい時代の中で、清昌寺十三代の友室益庸長老と、十四代の献堂宗源和尚は、生活は貧しく苦しいながらも、大般若経六百巻や什物等を揃えるなど、一生懸命に寺門興隆に努めました。
昭和の戦後まもなく、笠原の窯業は、茶碗・タイル生産の‘復興の炎‘をあげ、町には活気が溢れてきました。それに伴い清昌寺は愛山護法の念を受けて、多くの檀信徒の信仰を集め、少しずつ伽藍も整い今日に至りました。

近年の清昌寺の沿革

TAJIMIOTOWA036昭和22年6月
鐘つき堂を改修。
大鐘を新調。鐘銘は名古屋徳源寺の萬密老大師。

昭和34年9月26日 
伊勢湾台風により大きな杉の木が位牌堂に倒れ半壊。本堂の窓ガラスは全て割れ、法鼓が境内の外まで転がり、庫裡の屋根瓦が吹き飛ぶなど、甚大な被害を受ける。

TAJIMIOTOWA034昭和37年 
庫裡の屋根を修復。
仏天蓋(平野瑤珞製作)、加藤みよ子殿寄進。

昭和43年 
檀信徒の愛山護法の信仰により本堂再建に着手し、2年有半の歳月と、当時の金額で四阡萬圓ほどの浄財と特別志納を以て、本堂ならびに位牌堂を再建し、書院と回廊を新設。さらに、庭園「月清園」や境内の造園の美を整えて、清昌寺の景観を全く一新。(清昌寺十七代、勝道普門和尚)

TAJIMIOTOWA033

TAJIMIOTOWA032

TAJIMIOTOWA031


昭和45年10月10日 
上記完成。妙心寺管長637世、梶浦逸外老大師を導師に拝請し、落慶式を厳修。

TAJIMIOTOWA030


TAJIMIOTOWA026昭和51年4月 
本堂前に大悲観音像(永代合祀塔)を建立。



昭和53年 
白雲の森広場を整備。

TAJIMIOTOWA025 TAJIMIOTOWA023昭和56年 
白雲の森広場に六角観音堂を新築。
水子観音、人形塚を建立。

昭和57年 
第十八代、宏洲宗勤和尚晋山。
白嶺庵を改築。

IMG_8403昭和58年暮れ 
本堂正面入り口の改築。
本玄関ならびに圓通閣大方玄関を新築。

昭和61年 
歴代搭、三十三観音の整備。

TAJIMIOTOWA024昭和62年 
書院に貼案場を新設。 (櫻井建設)
境内に休憩所あずま屋を新設。

平成3年4月 
先代七回忌の折、隠寮を新築。 (櫻井建設)

IMG_2425平成5年 
大駐車場を完備。
白雲の森広場にペット供養塔の建立。

平成10年 
六地蔵の移設。

TAJIMIOTOWA028平成11年11月 
研修道場「普門閣」を新築。 (AK設計)
半跏地蔵菩薩修復。

平成15年 
道路の開通と共に、第二駐車場を完備。
笠原交番の建設にあたり、その土地に鎮座していた五輪様を清昌寺に移設。

IMG_5113平成21年春 
山門を建立。(今井建築)今井ミツエ殿寄進。


平成24年暮れ 
本堂の屋根瓦を本葺き瓦に修復。 (伏見窯業)
位牌堂床板修復。 (田口建築)
IMG_7110山号額を修復。(箔押師 杉浦晴義)

平成25年10月 
仏天蓋・常華のクリーニング修繕。 (ヨコイ屋仏壇店)
一般用玄関・展示棚を増設。 (中島建築)
12月 本堂、書院など合わせて約150畳のたたみ換え。(吉田畳店)

平成26年4月5日 
第十九代元堂全和和尚晋山。虎渓山永保寺、萬仭軒 田中義峰老大師をお招きし、諸堂落慶法要を厳修。

_Z__0320

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0572-43-2479

PAGETOP
Copyright © 白雲山 清昌寺 All Rights Reserved.