禅宗 臨済宗妙心寺派 白雲山清昌寺 (岐阜県多治見市笠原町 笠原中興陶祖・モザイクタイル元祖の菩提寺)公式ホームページ

弘法様(こうぼうさま)

  • HOME »
  • 弘法様(こうぼうさま)

弘法様(こうぼうさま)

4U4A8356弘法様とは、日本仏教界に多大な影響を与えた高野山金剛峯寺、真言宗の開祖、弘法大師(空海)のことです。
庶民の教育や社会事業にもご尽力され、日本有数の思想家です。書家としての才能も発揮され、「弘法も筆の誤り」「弘法筆を選ばず」など、ことわざにもなっている「仏教界のスーパースター」です。

IMG_74003月21日は、弘法大師様のお亡くなりになられた日です。(835年)

旧暦の3月21日には「正御影供(しょうみえく)」という弘法大師の御影を祀って供養する行事が日本各地で行われます。地域によってやり方も開催日も様々です。


清昌寺・笠原町の弘法様

清昌寺では旧暦3月21日の午前8時半より弘法様のお参りの方へ
「お接待」を行っています。

「南無弘法大師」と書かれた旗を立て、「弘法さまの日」としてお参りに来られた方々にお菓子などを配ったりしています。

IMG_2605 IMG_2611

多治見市笠原町でも20件ほどお祀りされています。

清昌寺住職が弘法さまをお祀りしているお宅を一軒一軒読経してまわります。

釜区の観音堂、神戸区の観音堂に祀られている弘法様にもお参りします。

2015-05-09 11.09.42お子様と一緒に「お接待」されているお家を探してみるのも楽しいかもしれません。

「南無弘法大師」の赤い旗が目印です。

お菓子がなくなり次第、旗を外して片づけます。

土日祝日など学校が休みの日に重なると、早い時間から子どもたちが集まり
お昼には終わってしまいます。
平日でも午後3時までにほとんどのお家が旗終いをします。

お寺の周りや町内の道は狭い道が多いです。
小さな子供たちが自転車や歩いてまわっています。
車の運転には十分に注意してください。
※境内への車の乗り入れは禁止です。


弘法様をお参りする時の礼儀として


子どもを連れて弘法様めぐりをすることはとても良いことです。

ただし「お接待」しているお宅へ行って、お参りもせずただお菓子をもらうだけではいけません。

あくまでも弘法様をお参りしてくださった方へのご接待です。

①先ずは必ずお家の方に
弘法様のお参りをさせてください
と一声お尋ねしてください。

②次にお賽銭やお米をお供えします。

③そしてしっかり手を合わせ心から「弘法さま」を拝んでお参りしましょう。

IMG_7454
子どもたちは親の背中を見て育ちます。

お手本になるように、まずは大人がしっかりとお参りしましょう。

お菓子をいただいたら「ありがとうございます」と感謝の心も一緒に育みましょう。

IMG_7433


本堂へのお参りも忘れずにしましょう

seishoji-header-950x400-111

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0572-43-2479

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © 白雲山 清昌寺 All Rights Reserved.