禅宗 臨済宗妙心寺派 白雲山清昌寺 (岐阜県多治見市笠原町 笠原中興陶祖・モザイクタイル元祖の菩提寺)公式ホームページ

ご葬儀(お葬式)

ご葬儀(お葬式)

葬儀の意義

「死」とは人間であるならば、誰しもが避けて通ることのできない厳然たる事実です。私たちはそうした「死」という事実に直面したとき、いま自分が生きているということ、つまり、たったひとつしかない尊い命を持っているということに目覚めなければなりません。そこに葬儀の意義があるのです。

葬儀は亡き人を送るだけの儀式ではありません。肉親や親しい人の「死」を契機に、自分に与えられている命の尊さに目覚め、このかけがえのない命を正しく生かしきっていくことを誓う機会でもあるのです。

葬儀・告別式とは

葬儀は、遺族や近親者、そして特に個人と親しかった人たちが故人の徳を讃え、成仏を祈って営まれるものです。

告別式というのは、宗教儀礼を含まない「最後のお別れ」のことでしたが、いまでは葬儀に引き続いて、一般会葬者のために焼香の時間を設けることを告別式というようになっています。正式には葬儀と告別式とは別々にとり行うものですが、いまではほとんど一緒に済ませているようです。

以前はどの家庭でも当たり前のようにご自宅や菩提寺で葬儀を行っていました。
しかし近年、一般会葬者やご近所組の負担を考え、葬儀会社を利用した「式場」での通夜式・葬儀・告別式が一般的になっています。

仏式の葬儀儀式は、お通夜、葬儀告別式と、一連の流れがあることに本儀があります。

葬儀会社に依頼すれば、霊柩車の手配から火葬の手続き、式場には各宗旨宗派の祭壇はもちろんのこと椅子席・冷暖房完備・親族控え室・大きな駐車場など、ほとんどの葬儀に対応してもらえます。
スタッフの方が最初から最後まで丁寧に対応し、司会進行まで執り行ってくれます。
その他にも各葬儀会社によって様々な演出やサービスが増えてきています。

密葬・家族葬について

密葬について

密葬(みっそう)とは、故人の家族やごく近しい親類・友人のみで小規模に行われる葬儀のことです。

密葬を行い火葬した後に、日を改めて本葬(骨葬・告別式など)を行います。
密葬と本葬を合わせて一つの葬儀であり、本葬を行わず密葬だけを行うことは基本的にありえません。

家族葬について

家族葬(かぞくそう)とは、家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を一切拒否する葬式のことです。

最近よく、小さめの式場で会葬者が少なく、安価に行える葬儀だと勘違いされていますが、これは大きな間違いです。
故人の喪を知らせ、一般会葬者がいるような家族葬はありえません。

「故人には大変お世話になり、最期のお別れに来たいと思っていた」
「故人の死を知らずに失礼な思いをした」

など、弔問客から葬儀後に苦言を呈されるなどの不義理が生じる場合があるので、よほど特別な事情がない限り、義理を欠くことのないよう一般的なお葬式をするようにしてください。


家族・身内だけのお葬式

しかしながら少子高齢化による親近者の減少、身寄りのない独身者が多くなり、
隣近所に知らせず、親近葬といった身内親族やごく親しいお付き合いのある方だけで行う「少人数のお葬式」が増えてきているのも事実です。

弔問客を招かず、香典等も一切受け取らない、本当に肉親だけの質素なお葬式をしたいと思っても、いざ葬儀会社へ依頼すると、会場施設を利用することになり、
祭壇料・会場施設料など気づけば、実は「高額な家族葬」になっていることが多々見受けられます。

家族葬であっても葬儀費用は一般葬に比べほとんど変わらないのに対し、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため、
一般葬よりも費用負担が増える場合があります。

故人にまったく身寄りのない方や、事情によってお金をかけることのできない方に対しても、喪主がおられる限り、葬儀会社は同じように「葬儀会場の利用」をすすめます。
「遺体安置」などで葬儀会社の施設を一時的にでも使うと当然「会場使用料」が発生します。
遺体の搬入先は先ずご自宅に安置するなど、よくお考えください。

清昌寺では、檀信徒に限り20名程の葬儀であれば「普門閣」を使用して通夜・葬儀を行うことができます。


どんな場合でも故人の訃報は必ず菩提寺に連絡して、
葬儀はきちんと営むようにする

「直葬」や「葬儀会社提携のお坊さん手配」は頼まない

近年、「低価格」「シンプルなお葬式」という謳い文句で葬儀会社が斡旋する、通夜や葬儀を省いて直接火葬をしてしまう「直葬」を菩提寺に連絡もせず勝手に行ってしまったり、「費用が安いから」と言った安易な理由のみで、菩提寺があるにも関わらず菩提寺に連絡もせず、葬儀会社提携の「お坊さん手配」の寺院に任せ、勝手に葬儀を終わらせてしまってから、後日、四十九日法要を頼みに来る。
という事例がごく稀にあるそうです。

仏式の葬儀儀式は、菩提寺の和尚が戒名を授け、お通夜、葬儀告別式、その後の供養と、一連の流れがあることに本儀があります。

ですので、
もし菩提寺の知らないところで「直葬」や「葬儀」を勝手に済ましてしまった場合、四十九日法要、故人の今後一切の供養を引き受けてもらえない場合や、離檀問題に発展する場合がございます。

そうならないためにも、
故人の訃報は必ず菩提寺に連絡し葬儀を営むよう十分に注意してください。

しっかりとした葬儀会社は喪主に対して必ず宗派・菩提寺の有無を確認し、葬儀会社からその菩提寺に連絡してくれる場合もあります。
もし、葬儀会社から喪主に対して宗派・菩提寺の有無の確認が無い場合や、葬儀会社提携の「お坊さん手配」を勧められたら危険です。
後の供養の事もよく考えて判断して頂きたいと思います。


お葬式で本当に困ったらお寺へ相談しましょう

故人にまったく身寄りのない方や、特別な事情によって本当にお金をかけることのできない方でも、「なんとか葬儀だけはしてあげたい」という心やさしい方に対して、
お寺はとても協力的です。


最も費用をおさえることができる方法は、葬儀会社の施設・祭壇を使わず、
自宅で葬儀をおこなうことです。
その際、自分たちで用意できるのもは、できるだけ自分たちで手配・準備すると、より余分な出費を抑えることができます。


しかし、身寄りのない施設入居者、集合住宅、葬儀を行うためのスペースが確保できない場合、また諸事情によりご近所に知られずに行いたい場合は、自宅で行うことができません。


そんな時こそ、菩提寺に頼ってください。
ご自宅にご遺体を安置できない場合は、お寺に直接ご遺体を安置することで、葬儀会社への「施設使用料」がかかりません。
お寺にあるものを利用し、ご予算に応じていろんな方法で葬儀、最期のお別れをすることが可能です。


清昌寺では、そういった特別な事情でお困りの方に対して、普門閣仏間での葬儀(お寺で行う少人数お葬式)も執り行っています。(20人程度の家族葬)
会場費用・祭壇料諸々含め、葬儀会社の式場使用時に比べて、約数十万円ほどおさえることができます。
簡素な設えですが、こころのこもった葬儀を安心して行うことができます。
(※ただし、しっかりとしたお付き合いのある檀信徒、もしくは所縁者に限ります。初めての方はお受けしておりません。)

葬儀会社に連絡する前に、
まずはご家族、または本人が事前に直接菩提寺に相談してください。
たとえ少しでも葬儀会社の施設を利用すると施設使用料が発生します。
※初めての方は、前もって葬儀を頼みたいお寺へ礼儀として直接挨拶に伺うことをお勧めします。


IMG_2341

IMG_2351
各ご家庭によって事情はさまざまです。
いざという前に、まずは事前にご相談ください。



人生の最後はやっぱり菩提寺でお葬式

昔ながらのお寺でお葬式がしたい

檀信徒の皆様はもちろん、葬儀会社の会員や互助会に入っていてもお寺で葬儀を行うことができます。
昔からの葬儀会社であれば、だいたいどこでも寺葬儀を行うことができますが、
中には寺葬儀ができない会社もありますので、一度ご確認ください。


◇「お寺の近くに住んでいるので、近所のみなさんにお別れに来ていただきたい」
◇「殺風景な会場よりも、歴史あるお寺で厳粛な葬儀を営みたい」
◇「今まで寺院に多大なる貢献・寄与をしてきた」
◇「最期は良くお世話になった菩提寺でお葬式がしたい」



という方は、ぜひお寺でご葬儀をおこなってください。

清昌寺では昔から、檀信徒のみなさんのために本堂で厳粛なご葬儀をおこなっています。
(※ただし、しっかりとしたお付き合いのある檀信徒に限ります)
(※初めての方はお受けしておりません。もしお寺で葬儀をお考えの場合は礼儀として、前もって直接お寺へ挨拶に伺うことをお勧めします)


IMG_1647 IMG_1652 P1020441 IMG_1658

P1020447 P1020454 IMG_1722 IMG_1721

IMG_5063 IMG_5058 IMG_5082 IMG_5095

事前のご相談も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。


お気軽にお問い合わせください。 TEL 0572-43-2479

PAGETOP
Copyright © 白雲山 清昌寺 All Rights Reserved.