清昌寺「安産祈願」
『かさはら子安観音さまの昔話』

子宝・安産を願う
一人の産婆さんの想い

ひと昔まえのお話

かさはら村にとても腕のいい産婆さんがおりました。

村にたった一人の産婆さん。

難産の母親を少しでも救いたいという一心で

出産時にはいつでもどこでも必ず駆けつけ

どんな難産でも最後まで母親を励まし赤子をとり上げました。

かさはら村のたくさんの命の誕生を共にし、ご尽力されました。


村中の子どもたち

そしてその父親、母親

またそのおじいさん、おばあさん

みんなから頼りにされ親しまれていた産婆さん。

そのご生涯を閉じられた
圓室妙通信女の生前のご遺徳を偲び、

明治32年に村中の安全安産を祈願して
「子安観世音菩薩」が造像されました。


IMG_5191

髪の長い柔和な面相の女性像が、両手で幼児をやさしく抱いている姿が彫刻されています。

昔は大洞の墓地(現在の富士区の墓地)にあり、村の知っている者たちだけにひっそりと参詣されてきましたが、墓地整備の際に清昌寺へと移設され、多くの方にお参りされるようになりました。

子宝・安産の隠れた
パワースポット




「子宝・安産」を祈る心と
観音妙智の力

現在は清昌寺の山門横にお祀りされており「子宝・安産」を願う人たちが季節のきれいな明るい色のお花を供え、手を合わせて心からお参りしたところ不思議なことに、

「不妊で悩みあきらめかけていたが、赤ちゃんを授かることができた。」

「初めての出産で不安だったが、助産師さんに上手に産めたね!と褒められた。」

「分娩時間が短く出血も少なく、産後の回復がとても早かった。」

「胎児の成長具合や病気を心配していたが、無事元気に生まれて来てくれた。」

「母乳が出なくて悩んでいたが、お参り後とても良く出るようになった。」

など、いつの間にか「子宝(子授かり)」「安産」「子育て」の隠れたパワースポットとして今では多くの方にお参りされるようになりました。

8時~4時頃であればご自由にお参りして頂けます。



一般的な
「安産祈願」の受け方

安産祈願は基本的に地元の神社でご祈祷を受けるのが一般的なようです。

安産祈願のお参りは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に行くのがよいとされています。

ただ、これは「帯祝い」に合わせて安産祈願をすることが多いためで、安産祈願そのものは、いつしなければならないというものではありません。

「戌(いぬ)の日」とは、十二支にでてくる戌のことで12日ごとにめぐってきます。
(戌の日カレンダーの参考はこちら

犬は極めてお産が軽く一度にたくさんの子どもを産むことから、それにあやかって日本では安産の守り神として愛されてきました。

その戌の日に子宝に恵まれたことに感謝し授かった子どもが無事健康に生まれてこられるように「お腹帯を巻く」ことが縁起が良いとされています。

ですので、祈祷する日にちは「戌の日」にこだわらず、少し早めにお参りいただいても結構です。

御祈祷したお腹帯を「戌の日」の「帯祝い」に初めて巻くことが縁起が良いということです。

妊娠月や戌の日、仏滅や大安ということに神経質になりすぎる必要はありません。安産祈願は「安定期に入った体調の良い日」に行うということが重要です。

当日参拝する際も妊婦さんの体調を第一優先とし、少しでも体調に変化が見られる時は参拝を取りやめる選択をすることも時には必要です。

もちろん妊婦ご本人でなくてもかまいません。安産を願うお気持ちがあればどなたでも妊婦のためにご祈祷して頂けます。


清昌寺の
「子宝・安産祈願」について


清昌寺は禅宗寺院ですので常時ご祈祷は行っておりません。
基本的には各自ご自由に子安観世音菩薩さまにお花を供えて祈願していただくスタイルです。

ただし、子宝・母子の出産無事を切に願い「ご祈祷」をご希望される方には、特別に祈祷をお受けいたしますので遠慮なさらずお申込みください。

特別祈祷は完全プライベートの個別で行います。

小さなお子様連れでも周りに気にすることなく安心してお受けして頂けます。

ご祈祷の仕方がわからない方はお気軽に電話にてご相談ください。


「子安観世音菩薩」

(こやすかんぜおんぼさつ)

子安観世音菩薩とは、子宝に恵まれない方や、出産の不安、子育ての悩みに苦しんでいる親子を救ってくださる観音様です。




清昌寺子安観音は山門南脇に建立されています。

お花を供えたり、いつでもご自由にお参りして頂けます。

毎年1度、観音まつりの時に圓室妙通信女のご遺徳を偲び、子安観音に子どもの成長と妊婦の安全安産を祈願し諷経をいたします。





出産は命懸け


ご存知のようにお産とは決して楽なものではございません。

安産祈願をしたからといって必ず無事に生まれてくるとも限りません。

それほど新たな命ひとつ産み出すということは命懸けで奇跡的なことなのです。

赤ちゃんが無事に生まれるかどうか、元気に育つかどうかは病院の先生にも誰にもわかりません。

できることならば、お腹の中に宿った命が無事健康に生まれてきて欲しいと願うのは当然のことだと思います。

禅宗寺院である清昌寺の安産祈願とは、祈願者と一緒になって母子の無事出産を心から願い、子安観世音菩薩様へ一緒にお祈りすることでその観音妙智力のご加護を賜ると共に、
心安らかにあるがままを受け入れる「心の準備」をする。ということであります。




「特別安産祈願」の申し込みについて

清昌寺の「特別安産祈願」をご希望の方はお申込みください。



◇まずは御祈祷の日時を決めて電話で予約する。(要予約)

■御祈祷受付日時 【平日・土日祝日 午前9時頃~午後4時頃まで】
近日予約はお受けできない場合がございます。2週間前を目安に早めの予約をお願いします。

特別安産祈祷は平日の午後2時以降をおすすめいたします。
平日の午後2時以降は参拝者も少ないので、プライベートなお時間をゆっくりお過ごしいただけます。

※土日・祝日は大変混み合い午前中は年忌法要が優先となりますので、ご希望の日時に予約できないことがございます。あらかじめご了承ください。

各自で子安観音さまにお花を供えて祈願される場合は予約は要りません。
ご自由にお参りください。


当日の流れついて

◇御祈祷当日は余裕をもって10分前にはお越しください。

※予約時間に遅れる場合、また妊婦の体調によって急にキャンセルされる場合もあると思いますが、その時は必ずご連絡ください。

参拝する際、妊婦は足元には十分に注意してください。

アクセスの確認はこちら

◇ご祈祷は本堂で行います。

祈祷は完全個別で行いますので小さなお子様連れでも安心して一緒にお参りすることができます。

お寺についたらまず庫裡玄関にてお声がけください。

※基本ご祈祷は本堂で行いますが、真冬・真夏は冷暖房完備の「普門閣1階仏間」にて行います。

本堂

本堂の確認はこちら

 

普門閣

普門閣の確認はこちら

 

◇祈祷申込用紙に記入してください。

「氏名、住所、連絡先、出産予定日」
などをご記入ください。

 

◇当日はお数珠をご持参ください。

服装は自由です。
ただし派手な服装や過度な露出は避けましょう。

◇「妊婦帯」または「マタニティガードル」を持参してください。

ご使用になる「腹帯・腹巻」または「マタニティガードル」をお持ちください。一緒に御祈祷いたします。


◇所要時間は20分程度です



以上で終了となります。


◇きれいな明るい色のお花お持ちいただき「お供え」してください。

祈祷後は、山門南横に建立している子安観音さまへお持ちになったお花を供えてお参りしましょう。




お布施(祈祷料)ついて

◇祈祷料ではなく「お布施」としてお納めください。

「お布施」とは、祈願成就を願うご自身のお気持ちですので金額に一切の決まりはございません。

(各ご家庭の事情によって様々ですのであくまでも目安の参考ですが、今までお納めいただきましたみなさんは、5千円~3万円の間でお包みされています。)

当日財布から直接お金を出すのは望ましくありません。
あらかじめ「白無地の封筒」に包み、表書きに「御布施」と「施主名」を記し準備しておきましょう。

当日、申込用紙に添えてお渡しください。

無理をせず心配なさらずわからないことがあればご相談ください。

 

◇授与品について

ご祈祷を受けた方には「安産御守」「ご祈祷安産腹帯」を授与しております。


授与品



出産後の「お礼参り」
について





「お礼参り」は大切です

ご祈祷を受け、無事に赤ちゃんが生まれましたら、地元の神社へ「初宮参り」される時期に合わせて清昌寺子安観音さまにも感謝の御礼とご報告を兼ねて「お礼参り」をいたしましょう。





その際に、祈願時に授与いたしました「お守り」のウラに「赤ちゃんの名前」を書き入れ、のし袋に入れて納めましょう。

のし袋の表書きには「御礼」と書き、下段に「祈願者のお名前」を記して「腹帯」と一緒にお持ちください。
(金品を包む必要はございません)

「お守り」「腹帯」を記念に残しておきたい方は、「お守り」の裏側に「赤ちゃんの名前」を書き入れて「へそのう」と一緒に大切に保管して下さい。

もし、赤ちゃんが無事に生まれたことに対してご自身に報恩謝徳のお気持ちがございましたら、お礼参りの際に「新しい晒(さらし)1反」をご奉納いただければ幸いでございます。




ご奉納して頂きました「晒(さらし)」は、感謝と共に次の出産の無事を願う妊婦さんへと御利益のバトンを繋げさせて頂きます。
感謝 合掌





子安観音さまに「お礼参り」をすることによって、母子の安全とお子様の健やかなる成長を願い見守り続けてくれることでしょう。






岐阜県東農多治見市にある清昌寺の子安観音様

毎年10月第3日曜日に「観音まつり」を行っておりますので、成長されたお子様を連れてぜひ遊びにいらして下さい。


各種祈祷について

詳しくは清昌寺までお問い合わせください。